必ず「イカせる」前戯愛撫のテクニックを紹介します。乳首・Gスポット・クリトリス・アナル・ポルチオの愛撫の裏技集!

「イカせる!」前戯愛撫テクニック裏技
【乳首・Gスポット・クリトリス・アナル・ポルチオ】


愛撫テクニック メニュー
  • 愛撫テクニック TOP
  • 愛撫テクニック 乳首

  • 愛撫テクニック Gスポット

  • 愛撫テクニック クリトリス

  • 愛撫テクニック アナル

  • 愛撫テクニック ポルチオ

  • 愛撫テクニック その他


  • お勧めリンク
  • 淋病症状・治療法・検査薬

  • クラミジア治療法・検査薬

  • 【さら金】キャッシング即決!

  • ペニス増大法

  • TENGA【オナカップの革命児!】
  • お勧め無料レポート
  • デート中に女がエッチしたくなる方法

  • 【人気キャバ嬢をGET!】血液型別でキャバクラ嬢を口説く秘技!
  • ナンパスポット大暴露!

  • 3回会うだけで簡単にHできる方法




  • ◆アナルセックスのメリット
    アナルセックスのメリットはたくさんありますが、アナルセックスがスムーズに実現すれば、男女の仲はいっそう強い信頼関係を築くことができ、男女ともに未知の快感の扉を開くことができます。
    また、男性にとっては女性への支配感、征服感が芽生え、お互い相手に対しての愛情はさらに深まることでしょう。
    マンネリのセックスからの脱却、新しい快感の探求、興味本意・・・・
    どのようなきっかけでも、アナルセックスに興味を持って、チャレンジをしてみれば、おそらく
    「なんでもっと早くトライしなかったんだろう」と思うことでしょう。

    男性の立場なら、女性を開発して今まで経験をしたことがなかった快感を与えることができ、上手に開発をしてゆけばきっと女性は男性の虜になってゆくことでしょう。

    女性の立場なら、自分自身も初めての快感を体験し、男性から開発されることで、男性に対してより強い信頼感を抱くことができ、男性の気持ちはさらに女性に強く向くことでしょう。
    男性も、女性も多くのメリットがあるアナルセックスにトライしてみて、ぜひあなたのセックスのゾーンを広げてみて下さい!

    でも、まだ抵抗を示したり、イヤイヤ受け入れている場合にはどうすればよいのでしょうか?
    このような場合にはまだアナルの快感に目覚めさせていない証拠ですので、焦らずにじっくり愛撫のステップを続けてゆくことが大切です。

    アナル愛撫について大事なことは、痛さや苦痛を1度でも与えてしまっては、精神的な抵抗感が先立ってなかなか受け入れづらくなってしまいます。
    あくまでも通常のセックスのメニューの一つとしてアナル愛撫を続けていって下さい。
    クリトリスや局部の愛撫や挿入との“複合技”を行なえば多くの女性は抵抗無く感じてくれるはずです。

    ここでお薦めする愛撫方法は「マーブルキャンディ」などのスティックや、綿棒、指などの挿入をしながら空いている指や口でクリトリス、局部はもちろん、足や胸、背中、首筋などの愛撫を行なうと快感が倍増されるはずです。
    女性自身にオナニーをさせるのも効果的でしょう。

    また、シックスナインの形になり、女性にフェラチオをしてもらいながらの複合愛撫もお互いの快感を高めるのに効果的です。
    複合愛撫に慣れてきたら、アナルにスティックなどを挿入しながらのセックスにも挑戦してみて下さい。

    挿入をしながらアナルにスティックなどを挿入し、もう1つの手でクリトリスを愛撫すれば多くの女性はアッという間にイッてしまうはずです。
    ここまで来ればアナルセックスの実現も目前です!

    ◆アナルセックスの手順
    ★アナルセックスの“前哨戦”

    女性のアナルについても指やスティック、綿棒などを挿入することに対して苦痛などは無くなっていることと思いますが、指やスティックと違ってペニスは太さがあるため、すぐにペニスの挿入に挑戦するというのはまだちょっと痛さを伴う場合が多いと思います。

    そんな場合には、スティックや指よりももう少し太いものの挿入で段階を踏んでゆくことをお薦めします。
    今ではアナルプレイというのは幅広く浸透していて、アナル専用のバイブも数多く発売されています。
    これらのアナルバイブなどを使うことにより、指やスティックとペニスの中間ステップの段階を踏むことが出来ます。
    初心者の方に具体的にお薦めの商品は、「アナルスネーキー」「アナレンジャー」「ホットスクリュー」「アナルプラグ」「モールSクリーミー」などですが、商品によって機能、大きさなど様々ですので、状況に応じてじっくりお選びいただければと思います。

    また、グッズを使わない方法として、市販のソーセージなどにコンドームを被せて使用するという方法もあります。(コンドームを被せることをお忘れなく!)
    指などの時と同様に、潤滑油やローションを充分に付け、少しづつ挿入してゆきます。

    これまでのステップを踏んでいれば抵抗も無く挿入することが出来ると思いますが、ここでまだ抵抗があるようでしたら前のステップに戻って焦らずに慣らしていって下さい。
    挿入に成功したら浅い挿入で一旦止め、グルグルと回転させたり、ゆっくりと出し入れをしたり、小刻みに震わせるなどをして、入口を集中的に刺激します。
    そうすることにより挿入の抵抗感を無くします。

    また、アナルというものは入口だけで快感を感じるもので、奥の方は快感がないため、相手を悦ばすという意味でも最初は入口を集中的に刺激することをお薦めします。
    これに慣れてきたら徐々に奥まで挿入をしてゆき、同様に刺激を与えてゆきます。
    この頃には指などで刺激をする快感より何倍も感じるはずで、アナルセックスの成功も間近です。
    ただし、女性側も苦痛を伴わないアナルセックスの実現の為には、まだ多少の道のりが必要で、焦らずに前述のように、挿入をしながら他の部分への愛撫、セックスを楽しむことを行なって下さい。

    ここまでくればアナルはすでに“第ニの性器”となっているはずです!
    「今まで躊躇していたアナルセックスに挑戦したらうまくゆき、新しい世界が広がってマンネリを打破できました!」という方も出てくるでしょう。

    ここまでご紹介をしてきた手順を踏んでゆけば、大体は挿入も抵抗無く、お互い満足できるアナルセックスが実現できると思うのですが、ここからは、さらに充実したアナルセックスが実現するように、また途中の段階でなかなか先に進めないという方の為にも、じっくりとステップを経て進めてゆこうと思っています。

    ★アナル挿入へのステップ:≪女性をリラックスさせる≫
    前述のアナルにバイブやソーセージなどを挿入することに慣れてきたら、ペニスを挿入してもまず上手くゆくことと思いますが、女性としてはまだ少し抵抗感があるかもしれません。

    その場合には、“疑似アナルセックス”をしてみることをお薦めします。
    今までご紹介をしてきた綿棒や指、アナルバイブなどのプレイは基本的に女性が四つん這いになって行なうスタイルでご紹介をしてきましたが、正常位のスタイルで行なうことに慣れると、もっとその後のステップがスムーズにゆくはずです。

    誰でも四つん這いになっている格好と、仰向けに寝ている格好のどちらがリラックスできるかといえば、ほとんどの方が仰向けになっている方がリラックスできると思います。
    四つん這いのスタイルはアナルが前面に出る為、男性側は責めやすいのですが、特に慣れていない女性は心理的に緊張をしてしまうスタイルなのです。

    また、四つん這いでのアナルセックスは、男性が興奮したり通常のセックスのように激しくしてしまうと、アナルの内側を傷付けてしまう場合もあります。
    アナルは膣内と違い、いきなり激しい刺激を与えてしまうと切れてしまうおそれもあるため、最初の挿入は正常位スタイルの方が望ましいといえます。
    女性を仰向けにしたら、先にご紹介したように、アナルバイブやソーセージなどを挿入して刺激をしてゆきます。

    仰向けスタイルは、女性もリラックスした体勢になり、また男性側も股を開いた女性のアナルにバイブなどを入れていると、視覚的にもとても興奮します。
    今までのステップを経てアナルの快感に目覚めた女性ならば、強く感じてくれ、あそこもグチョグチョになるはずです。

    男性側としてはそれを見てただ興奮しているだけでなく、あらゆる部分を愛撫して下さい。
    特にクリトリスや膣内は、アナルの刺激が加わって感度が倍になって感じることでしょう。
    充分に愛撫を尽くした後は、膣内にペニスを挿入し、アナルにバイブを入れたままセックスをしてみましょう。

    この時に注意をするのは、興奮し過ぎてアナルにバイブが入っていることを忘れないことです。
    ここまでくれば準備は万端です!
    ペニスを一旦抜いて、アナルのバイブも抜き、できれば改めてアナルにローションを塗った上で、ゆっくりとペニスをアナルに挿入して下さい。
    この時には、女性もリラックスした状態で何の抵抗も無くペニスを受け入れるはずです。

    ★いよいよ本格的なペニス挿入!:
    ≪アナルバージンの突破!≫
    アナルセックスは無理に行なおうとすると、女性に不必要な痛みを与えたり、まったく快感を得られないプレイになってしまう恐れがあるため、今までご紹介をしてきた過程は、誰にでもアナルセックスが実現できることを目的として、前段階をじっくりご紹介してきましたが、いよいよアナルに挿入するステップをご紹介します。
    今までご紹介をしてきたことは、すべて第一目標である“お互いが満足するアナルセックス”の実現の為でした。

    もちろんステップの途中で、すでにアナルセックスを実現させた方も多いことと思います。
    すでに実現していて新しい世界を開いた方は、さらに満足出来るアナルセックスの実現の為に、まだ実現させていない方はぜひ実現させて、新しい世界が開けることを願ってご紹介をしてゆきたいと思います。

    今までご紹介をしてきた内容は、挿入の前に女性をリラックスさせるということを中心にご紹介してゆきましたが、指やバイブなどの挿入を何度も行なっていて女性が馴れたと思っていても、いざペニスを挿入となったらお互いに多少なりとも緊張、不安感を覚えるものです。

    特に女性が緊張感、不安感を持ってしまうと、アナルに力が入ってしまいますので、言葉や胸など他の部分の愛撫で出来るだけリラックスをさせることを念頭に置いてください。

    前述した通りバイブやソーセージなどの挿入をしている途中に、ゆっくりと抜いてペニスを挿入するようにすれば、肉体的、精神的にスムーズに挿入できるはずです。

    出来るだけローションをたっぷり塗った後にゆっくりと挿入して下さい。
    指やバイブの挿入に馴れている場合でも、多少の痛みが伴う場合が多いですが、バージン喪失の場合にはどうしても痛みを伴うもので、アナルも同様です。

    今までのステップを経ていれば、最初は多少の痛みを伴ってもすぐに強い快感を得られることが出来るはずです。途中で止めることをせずにゆっくりと挿入して下さい。
    まず第1段階として亀頭部分を挿入したら成功です。

    そのままゆっくりと小幅に腰を動かしてみて下さい。
    男性も女性も、アナルの入口にカリの部分が引っ掛かって気持ちがいいはずです。

    その次にさらに奥まで入れてみて下さい。
    ペニスを奥まで挿入した場合は、女性はアナルの入口がすれる快感はあるのですが、男性側はあまり快感は無いと思います。

    ご存知だとは思いますが、アナルというものは入口は締まっていますが、中は空洞のようになっていて、膣のように奥まで挿入しても全体を締め付けるということはありません。

    従って、ピストン運動の時に全体をゆっくりと出し入れするようにしたり、亀頭部分をアナルの入口の部分で出し入れをしなければ、男性側は肉体的には快感が薄いものとなってしまいます。
    ただ、逆に早漏気味の方は挿入を深くして刺激を少なくすることにより、射精を調整しやすくなるはずです。

    ここまでくれば新しい世界が広がってきたはずです!

    多くの女性が持っているセックスに対しての不満は「男性が自分本意のセックスをする」ということです。

    経験が無い時にアダルトビデオからセックスを覚え、それが普通のセックスだと思い込んで女性を相手にセックスをすると、女性の不満は大きくなるばかりです。

    本当に女性を気持ち良くさせるセックスができ、女性を充分に満足させることができれば、2人の絆は太く、強くなるはずですし、男性もセックスがもっと気持ち良くなるはずです。

    AF教材
    売れ筋セックステクニック集
  • TAKA潮吹き動画教材

  • 福田式オーガズム整体

  • 【27歳恵理の告白】 女が狂うスイッチ 私が彼に調教された全てをお話いたします。

  • オンライン・クンニ道場 (クンニクマン) 

  • AV女優 北条麻妃が教える膣開発法

  • 誰にも知られず、一人で簡単にできる、勃起力・持続力強化法!

  • AF教材















  • HOME ページTOPへ
    Copyright© 「イカせる!」前戯愛撫テクニック裏技集【乳首・Gスポット・クリトリス・アナル・ポルチオ】. All rights reserved.
    inserted by FC2 system